法律ができるまでについて

法律 できるまで

法律 できるまでについて

法律ができるまでについて

画像
法律ができるまで、最初に法案の原案を各省庁において作成します。
また、新たな法律の既定、既存の改正若しくは廃止の方針が決定されると、第一次案を作成します。
そして、案提出の見通しがつくと、その省庁は、法文化の作業を行い、原案が出来上がります。
次に閣議に付される前に審査が行われます。
内閣法制局における審査は、法案に関わる省庁から出された内閣総理大臣宛の送付を受けてから開始されます。
閣議講義された案について、意義なく決定が行われると、内閣総理大臣から案が国会に提出されます。
委員会の審議、審査に入ります討論が終局したときは、委員長が、問題を宣告し評決に付します。
審議が終了すると、本会議に移行します。
委員会及び本会議の表決の手続きを経て可決されると、法案は、他の議院に送付されます。
憲法に特別の定めのある場合を除き、衆議院及び参議院の両議院で可決したとき法律となります。
後に議長から内閣を経由して奏上されます。