法律ができるまでの過程

法律 できるまで

法律 できるまでについて

法律ができるまでの過程

画像
毎日のようにニュースで耳にする法律。
しかし、案外それができるまでの過程は知らないものです。
ここでは、それができるまでの過程を説明していきます。
まずは、原案作成です。
内閣が提出するものはそれぞれの省庁で原案が作成されます。
できた原案はほかの省庁との調整も行われます。
次に、内閣法制局による審査が行われます。
ここでは憲法やほかの法案との兼ね合いは問題ないか、意図が明確かどうか、構成は適当であるか、用語に誤りがないかという点を審査します。
審査に通ると閣議決定を経ていよいよ国会審議に移ります。
国会審議ではまず議長からその法律を話し合うために適当な委員会に付託し、その委員会で話し合われます。
委員会が終了すれば本会議に移動します。
そこで、過半数の賛同を衆参両院で得られ可決すれば法律になります。
なお、衆参で違う議決になった場合は両院協議会で意見の一致を目指します。
成立後は議長から内閣を経由して奏上されます。
奏上から30日以内に交付して終わりです。

大阪のあらゆる遺品整理に対応!

大阪 ブランド 買取

究極の自然さを装うかつら・ウィッグの販売なら東京のK3M

オーケンのウォーターサーバー乗り換えキャンペーン
メリットは、まず試してから替えるのかどうかを決めることができる点です。

法律 できるまで関連情報ページ

画像

法律ができるまでの流れ

法律ができるまでの流れを紹介します。
初めに各省庁が法案の原案を作成し、その後関連する各省庁で
画像

法律ができるまでには様々な障害があります

法律ができるまでには様々な障害が存在します。
まず法律案を提出できるのは内閣と国会議員だけです
画像

法律ができるまでの過程を知ることはとても意義がある

法律は原則として衆議院と参議院の両院で可決した時に成立しますが、衆議院と参議院で意見が割れた時には問
画像

法律ができるまでについて

法律ができるまで、最初に法案の原案を各省庁において作成します。
また、新たな法律の既定、既存の

更新ページ一覧